【初ベース】Fender Custom Shop MBS 1961 Jazz Bass Relic by Dennis Galuszka 2011

今回は初のベースの紹介です。Fender Custom Shop Master Built Series 1961 Jazz Bass Relic by Dennis Galuszka 2011 です。

斜めラインの3本線の入った珍しいデザインですね。一目ぼれをしてすぐ購入しました。色も良いですが、貫禄のあるレリック加工です。裏側も記載します。

裏も強烈なレリック加工となってます。ヘッドにデニスガルスカのサインが記入されています。拡大画像を記載します。

スポンサードサーチ

特徴

マスタービルダーであるデニスガルスカ一人で製作されたジャズベースとなります。

ベースのMBSは非常に本数が少なく、貴重な品です。元々、デニスガルスカはギター職人ではなく、家具職人として生計を立てていたようです。バンド仲間の誘いからフェンダーに入社し、マスタービルダー達の助手を務めながら、マスタービルダーまで上り詰めた職人です。家具職人で培った木材の選定、知識、加工技術は頭一つ抜けていたことでしょう。

前オーナー様があまり弾いておられなかったのか、ボリュームをいじるとガリが出ます。そのうち弾いていれば治るかと思います。

ベースの音・鳴り

ネックからボディまでよく鳴ります。パッシブベース特有のナチュラルなサウンドです。

前へ前へと主張しすぎることなく、バンドアンサンブルによく馴染みます。他の楽器の音に埋もれることもなく、まとまりのある音に仕上げてくれます。

ジャンル問わず何にでも合うのではないでしょうか。汎用性の高いベースだと思いました。

当方はギタリストなので、数多くのベースを弾いてきたわけではないですが、音はトップクラスだと思います。国内のハイエンドブランドのベースとは比べ物にならなかったです。

ネックの太さも程よいですね。弾きやすいです。

総評

期待通りのデザイン・レリック加工・音全て素晴らしいベースですね。流石はマスタービルダーといったところでしょうか。

衝動買いでしたが後悔はないです。いい買い物でした。

あまり目にする機会が少ないMBSのベースですが、楽器屋で見つけたら試奏してみてはどうでしょうか。

スポンサードサーチ