【高音質】電源ケーブルは どれを買えば良い? 数万円で買える! おすすめ5選を紹介!【比較】

前回、スーパーハイエンド電源ケーブルを紹介しましたが、普通、電源ケーブルに何十万も出す予算はなかなかないかと思います。自分で言うのもなんですが、狂ってないと買わないと思います笑。

関連記事

電源ケーブルで音が変わるのかという説明は前回記事のアンプ・エフェクターの 電源ケーブルを交換すべき理由!音が劇的に変わるぞ!で説明したとおりです。その中でもスーパーハイエンドの電源ケーブルでの変化量はミドルクラスの電源ケーブルとは圧倒的な[…]

そこで、今回は実用的な金額で購入できる電源ケーブルを私がこれは良さそうだなぁと思ったものをいくつか紹介したいと思います。かといって安価な物ではなく、ある程度ランクの高いものです。ミドルクラスの電源ケーブルを紹介します。

スポンサードサーチ

ミドルクラスの電源ケーブルについて

ここで紹介するミドルクラスの電源ケーブルはメーカー希望価格1.5万円~5万円までの値段帯の物です。

この価格帯であるとそれなりのオーディオメーカー・ケーブルメーカーの電源ケーブルが買えるかと思います。作りもしっかりしていて音も確実に変化してくれるものばかりです。

あまりにも安価な電源ケーブルですと付属品と比較しても変化が分かりにくいかと思いますので、最低でもこのミドルクラスからの導入をおすすめします。

安物買いの銭失いとよく言いますね。良い音を作るための投資だと思って割り切ってしまったほうが良いかなと思います。

付属品の電源ケーブルではアンプ・エフェクターの実力が100%発揮されません。その理由をこちらの記事で解説しています。

関連記事

ギターシールド、スピーカーケーブルで音が変わるのはなんとなくわかりますね。電源ケーブルで本当に音が変わるの?と不思議に思う方が大半であるかと思います。実は、ギターシールド、スピーカーケーブルを交換するよりも電源ケーブルを交換してあげるほう[…]

ミドルクラス電源ケーブル5選!

あまりにも大量に勧めてもどれを買えばよいかよくわからないかと思います。ですので、今回はミドルクラスの電源ケーブルを5つだけピックアップして紹介したいと思います。

オヤイデ電気 GPXーR TUNAMI V2

OYAIDE(オヤイデ電気)のGPX-R TUNAMI V2です。

オーディオ業界ではこちらはド定番モデルで物凄く売れたモデルだそうです。

こちらはTUNAMIシリーズのフラグシップモデルになります。音圧・解像度を純粋に良くしてくれるタイプで音色を変化させる系ではないですね。変な癖がないのでシンプルに使いやすいです。

長さは1.8mでスタンダードな長さですね。プラグが赤いタイプ(GPX)がありますが、こちらの方が高性能です。値段も多少高くなりますが・・・。

私が使っていたのは旧バージョンの物ですが、スーパーハイエンド電源ケーブルに乗り換えるまではこちらを採用していました。

関連記事

オヤイデ電気 TUNAMI GPX-Rをレビューします。オーディオ界隈ではド定番の電源ケーブルですね。定番中の定番です。特徴オヤイデ電気 TUNAMIシリーズのフラッグシップモデルになりま[…]

ORB Brave Force Core

ORB(オーブ)のBrave Force Coreです。中価格帯のオーディオ製品を販売しているメーカーですね。

職人さんの手で1本1本手作りで製造されています。

システム全体の音質向上、ロジウムメッキプラグによる解像度アップ、ナチュラルで繊細な音色であるとのことです。

うちのバンドのボーカルもエフェクターボードにオーブ製の電源ケーブルを採用しています(Brave Force Coreではありませんが、音質はしっかり改善されました)。質は問題なく良いと思います。

LUXMAN JPA-15000

LUXMAN(ラックスマン)JPA-15000です。こちらも中価格帯のオーディオ製品を販売しているメーカーですね。

こちらの特徴は3芯ではなく2芯ケーブルなところです。アース線がないんですね。

接地が落としてある建物でない限り使用には特に問題ないかと思います。むしろ、コンセントの2芯変換プラグを挟まなくて良いので使いやすいですね。

値段も抑えめでユーザーも多く、評価も非常に高いです。TUBEの春畑道哉さんのシステムに恐らくこれが導入されているのを見かけたことがあります。(写真でしか確認していないですが)

ACOUSTIC REVIVE POWER STANDARD-tripleC-FM

ACOUSTIC REVIVE (通称アコリバ)のPOWER STANDARD-tripleC-FMです。

こちらも定番ですね。売上ランキングにもよく見かける電源ケーブルです。Youtubeの「タメシビキ」で有名な山口和也さんもこちらを紹介されていましたね。

山口和也さんご本人の電源ケーブル検証動画では付属品の電源ケーブルとは動画でも分かるくらい圧倒的な差でした。(ご本人もこの後すぐ購入されたとか)

音の傾向としては自己主張は激しくなく、高音が綺麗に伸びてフラットでナチュラルな音色とのことです。

プロギタリストが満足できる電源ケーブルなので安心できますね。

FURUTECH THE EMPIRE

FURUTECH(フルテック)のTHE EMPIREです。

ここ最近、売上ランキングで非常によく見かける電源ケーブルです。評価も非常に高いですね。

解像度が非常に高く、アタック感が強く、レスポンスも良い、そのうえバランスまで良いといいことづくめの電源ケーブルとのことです。

ただ、ケーブルが太く、非常に硬くて取り回しはよくないみたいですね・・・。それだけ音質重視でしっかり作られている証明だと思います。

取り回しが悪くても気にしない方は買って良いかと思いますね。

総評

いかがでしたでしょうか。バンドマンは電源ケーブルになかなか馴染みのない方が多いと思いますがご購入のご参考になられたでしょうか。

この中では一部プロギタリストも採用されているものもあります。それだけ音作りに拘っているのでしょう。

初めての電源ケーブル購入し導入するにはまぁまず間違いないだろうという品5つ紹介しました。

是非一度電源ケーブルにお金を投資して体感してみてはいかがでしょうか。

スポンサードサーチ