【ケンタウルス完全コピー】SUMO STOMP Long Tail #873 レビュー

SUMO STOMP Long Tail #873をレビューします。金ケンタウルスのロングテールのクローンペダルとなります。 裏側の中央に貼られているシールまで完コピしているのでとても芸が細かい笑

スポンサードサーチ

特徴

国産ハンドメイドエフェクターブランドのSUMO STOMP Long Tail #873です。

SUMO STOMPとは?

SUMO STOMPはInner Bambooのブランドです。 Inner Bamboo のサウンドの流れを継承し小型でリーズナブルなベースペダル、往年の銘器のサウンドを完全クローンし小型リーズナブルなギターペダル等、 リリースされています。

試作を何度も繰り返しブラッシュアップされており、回路構成、定数を追い込みその後部品の質を選定されています。

既成エフェクタには使われないような高級オーディオパーツや、ヴィンテージパーツ、汎用パーツ、様々なパーツを適材適所組み合わせており、その結果、特に歪み物に関しては圧倒的な解像度の中に枯れたサウンドを確立が実現。

エフェクターはハンダ付けから塗装まですべて手作業、ハンドメイドとなっております。 モデルとなったエフェクターのサウンドを忠実に再現されており、そのクオリティの高さからここ数年で評価されて市民権を得たエフェクターブランドです。

ヴィンテージTS9をコピーしたSUMO STOMP #9の記事はこちらから!

関連記事

SUMO STOMP #9をレビューします。ここ数年で市民権を得た国産エフェクターブランドですね。特徴国産ハンドメイドエフェクターブランドのSUMO STOMP #9です。SUMO STOMPとは?SUMO STOMPはI[…]

 

こちらはCENTAUR(ケンタウルス)ゴールドのロングテール、初期シリアルナンバー「#873」の個体をクローンしたペダルです。

関連記事

Klon(クロン) Centaur(ケンタウルス)silver short tailをレビューします。憧れのオーバードライブペダルですよね。正真正銘本物です。オーバードライブの王様と呼ぶに相応しいエフェクターです。 裏側にはKlon[…]

サウンドのコピーしただけでなく、OUTPUTのつまみの0~9時付近の挙動以外(CTSポット特有の立ち上がりの癖があるので、ここまではできなかったようです)、トーン・ゲインのつまみの挙動まで全てクローンされたペダルです。

音だけのクローンペダルは今まででも大量に作られてきましたが、挙動までオリジナルそっくりにしたというのはかなり追い込んでますよね。

もちろん、オリジナル同様バッファードバイパスとなっております。

内部で昇圧回路を使っているため、電池の消耗は早いとのこと。なるべく電池を使わずにパワーサプライorアダプター供給で運用してあげたほうがトラブルは少ないかと思います。

エフェクターの音作りについて

ケンタウルスのサウンドをほとんどコピーしたような非常にクオリティの高いペダルです。

オリジナルのケンタウルスも持っていますが、正直どっち使ってもいいんじゃないかというくらい精度が高いです。

サイズが小さい分、オリジナルに拘りがないのであればこちらの方が優秀といってもいいくらいです。

突き抜けるようなオーバードライブサウンド、ダイナミクスレンジの凄さ、ピッキングの反応、各種つまみの挙動どれをとってもほとんど同じなんですよね。

ほんのりこちらの方が音がすっきりして粘りがなく、ドライな印象ですね。本当にそのくらいしか気になる点がなかったです。

さっぱりしている音の方がいい人はこっちのがいいのかも。

各種つまみの挙動については過去に書いたオリジナルのケンタウルスとほぼ同じなのですが、一応再度下記に記載しておきます。

GAINのつまみですが、MINの状態でも若干歪んでクランチサウンドになります。

9時くらいでほどよくゲインがプッシュされ、押し出し感の強いクランチサウンドに。このポイントでピッキングニュアンスが一番反映されます。

9時を超えますと緩やかに歪みが増していき、12時くらいで天井になります。

12時以降も緩やかに歪んでは行くのですが、コンプ感が増していきます。

MAXにすると思ったより歪んでくれます。 次にTREBLEです。モコモコなサウンドからキャンキャンな音までかなり広いレンジをコントロールできます。

高域のコントロールというよりかは全体的なトーンコントロールです。 12時でフラットですね。14時くらいで抜けのいいトーンになり、15時を超えると突き抜けるような鋭いトーンになります。MAXにするとそれはもうキャンキャンです。

上げていくと音量とノイズも若干増していきますね。 10時にするとウォームなトーンに、9時より下げるとモコモコとしたサウンドになります。14時より上げた状態で使うのが気持ちいいですね。

次にOUTPUTのつまみですが、これはボリュームのつまみですね。 10時でフラットです。音量はかなりの爆音まで上げられます。

スポンサードサーチ

総評

ケンタウルスのサウンドをほぼ完全コピーしたような素晴らしいサウンドです。

オリジナルに忠実なものを使いたいという人はKTRよりもいいのでは?と思います。

Klon KTRのレビュー記事はこちらから!

関連記事

オーバードライブの王様 Klon Centaur(ケンタウルス)と後継機種であるKlon KTRがどれほど違うのか、どちらがいいのか徹底的に検証して比較してみました。Klonのエフェクターとは?Bill Finnega[…]

KTRもオリジナルにかなり近いのですが、ややテイストが異なり、若干ハリがあって攻撃的なサウンドです。

#873はもうまさにそれって感じです。何回かオリジナルと弾き比べると気持ちちょっとさっぱりしてるか?というくらいです。

こちらの弾数は少なく、市場に出回ったら即完売、中古もプレミア価格となって非常に手に入りにくい物となります。

あまりにも完成度が高いため、これの所有者もなかなか手放さないんでしょうね。

オリジナルを持っている私でも、現場に使いたいのは恐らく#873というでしょう。オリジナルを持ち運ぶのはリスクしかないですからね。

スポンサードサーチ