【メイン機材】Gibson Custom shop Historic Collection 1959 Les Paul Reissue Hand-Selected Heavy Aged 2014

今回紹介するのはGibson Custom shop Historic Collection 1959 Les Paul Reissue Hand-Selected Heavy Aged 2014です。

スポンサードサーチ

特徴

かなりきついエイジドになっております。裏側ボディ中央の強烈なエイジドがヘビィエイジドの証です。

ピックアップはE-Buckerとなっております。Custom Bucker、Burst Buckerよりも出力は抑え気味なので、本当によく鳴るギターに搭載させないと真価は発揮されないピックアップです。実際、ギブソンのハイエンドモデルにしか搭載されていないです。そのうえ単体で発売されていない物なので貴重です。

ハンドセレクトはディーラーが良い木材を確認してから選ぶオーダーシステムとなっています。

ギターの音・鳴り

非常によく鳴る個体です。歪ませてももちろん良い音ですが、とにかくクリーンが綺麗になってくれます。これはE-Buckerのピックアップの特徴なのかと思います。

ネックの太さも丁度良く、とても弾きやすいです。最初から鳴りはよかったですが、弾きこんでいくとさらによく鳴ってくれている気がします。 生鳴りがアコギなのか?というくらい大きいです。

音の主張も激しいですね。どんどん前へ出てきてくれます。

総評

他にもいくつかヒスコレのレスポールを弾かせてもらいましたがやはりこちらが最強でした。手放すことはもうないと思います。

ハンドセレクトですので、通常よりは多少値は張りますがそれ相応の価値はあると感じています。

リードギターにマッチするかと思います。

アルバムのレコーディング時からメインギターになっています。

スポンサードサーチ