【高音質・ノイズレス】シールドは何を使えばいい?おすすめシールドを紹介!

前回、ギター・ベースシールドはどうして重要なのかを解説しました。結局どんなシールドを使えばいいのか、おすすめを紹介します。

スポンサードサーチ

シールドの評価基準について

基本的にケーブルは根本的な音・電気信号を良くするものではなく、伝送する際にいかに損失しないか、音が悪くならないかというポイントが重要であると考えています。ケーブルに電気信号が通る段階で劣化は行われるのですが、それをどのレベルまで軽減できているか、という事ですね。

このブログでは、FREE THE TONE CU-6550LNGを10点満点中5点とし、このシールドを基準に評価をしています。色々シールドを検証・弾き比べをした結果、FREE THE TONE CU-6550LNGが一番癖がなく、音質も平均的で普通であったためです。単純に言ってしまえばこのシールドより点数が下回るようであれば、音質劣化が大きく発生してしまうということになります。

関連記事

フリーザトーン CU-6550LNG シールドをレビューします。フリーザトーンと言えばソルダーレスパッチケーブルでお馴染みですよね。特徴国内のエフェクターブランド・ソルダーレスパッチケーブ[…]

平均点より上の評価を叩き出したシールド達は音質劣化が少ないだけでなく、何かしらの音へのキャラクター・癖が付加される物が多いです。

このシールドを買っておけば間違いない、最強!という物はなく、人それぞれ必ず好みがあると思いますので、それを踏まえてのおすすめのシールドを紹介したいと思います。

Analysis Plus PRO OVAL STUDIO

全てにおいて高水準!しかし、その分値段も高い・・・

Analysis Plus PRO OVAL STUDIO 10点満点中9点

私もこのシールドをメインに使っています。音の解像度・分離感、音圧・パワー、ノイズの少なさ、全てにおいて高水準でまさに文句なしの性能。音の帯域もフラットです。音が艶やかなモダンサウンドになります。

しかし、取り回しが全ケーブル中最悪なのでライブよりはレコーディング向けですね。価格も異常に高いので手が出しにくいです。

関連記事

アナリシスプラス プロオーバルスタジオをレビューします。ハイエンドケーブルを多数開発しているメーカーです。特徴ハイエンドケーブルメーカーのAnalysis Plusのギターシールドです。こ[…]

Pete Cornish SILVER SIGNATURE

ハイエンドエフェクターブランドのシールド。シールドも高性能!

Pete Cornish SILVER SIGNATURE 10点満点中8点

こちらもAnalysis Plus PRO OVAL STUDIOには及ばないものの、音の解像度・分離感、音圧・パワー、ノイズの少なさの水準が高く、弱点がない高性能なシールドです。

尖った要素もないので、比較的使いやすいと思います。音がキラキラしていて聴こえてこなかったハイの音が聴こえてくるようになります。

取り回しも気になるほど悪くはないですね。重量はありますが。

ただし、入手がフリーザトーンでの代理店販売しかないというのが少し面倒ですね。

関連記事

ピートコーニッシュ SILVER SIGNATUREをレビューします。高級ハンドメイドエフェクターメーカーで有名ですね。特徴高級ハンドメイドエフェクターメーカーのPete Cornishの[…]

Analysis Plus BIG GREEN

イエローオーバルの取り回しの悪さを改善!

Analysis Plus BIG GREEN 10点満点中8点

Analysis Plus Pro Yellow Ovalの取り回しが異常に悪いので、それの弱点を改善したモデルです。二つを弾き比べしてもそんなに大きく劣化したというイメージもないので基本的にBIG GREENを使っておけば良いかなと思います。強いて言えばこちらの方が音が若干ウォームになります。

Analysisシリーズは全てそうなのですが、音に艶が出てモダンなサウンドになります。音圧・パワーががっつり出てきてミドルが主張されるので音が前に飛んできます。解像度・分離感も良いですね。

関連記事

アナリシスプラス ビッググリーンをレビューします。ハイエンドケーブルを多数開発しているメーカーです。特徴ハイエンドケーブルメーカーのAnalysis Plusのギターシールドです。このモデ[…]

VOVOX sonorus protect A

音圧は劣るものの、解像度・分離感はずば抜けて高い!

VOVOX sonorus protect A 10点満点中8点

音圧・パワーが他のハイエンドシールドとは劣るものの、解像度・音の分離感はトップです。音の帯域もフラットで癖がないので使いやすいです。ギター・ベース本来の音を出したい、ニュアンスを大事にされる方におすすめです。

重量が異常に軽く、取り回しも良いです。

関連記事

VOVOX sonorus protect Aをレビューします。こちらも馴染みのないメーカーかと思います。VOXではありません(笑)特徴スイスのハイエンドケーブルメーカーVOVOXのシール[…]

Colossal Cable Sweet Fats

ハイファイでパワーのあるサウンド!

Colossal Cable Sweet Fats 10点満点中7点

ミッドハイが主張が強く、音圧・パワーもしっかりあるのでパンチのある音になります。

取り回しも悪くなく、他のハイエンドシールドに比べると値段も控えめなのでお求め安いシールドではないかなと思います。

関連記事

コロッサルケーブル Sweet Fatsをレビューします。このあたりから聞き慣れないメーカーになってきます。特徴コロッサルケーブルのシールドになります。同価格帯でもう一本B[…]

SOLID CABLES Dynamic Arc Ultra

とにかく頑丈!レスポンスの速さはピカイチ!

SOLID CABLES Dynamic Arc Ultra 10点満点中8点

音圧・パワーもしっかり出ますし、解像度・分離も悪くないです。このシールドはとにかく音に対するレスポンスが速い。演奏にストレスを感じることはなくなるでしょう。

何より、耐久面がしっかりされていて、永久保証もついています。ステージ上でのトラブルが怖い人におすすめですね。

関連記事

ソリッドケーブルDynamic Arc Ultraをレビューします。ちょっと耳にしないメーカーかと思います。特徴ハイエンドケーブルメーカーのSolid Cableのシールドのフラグシップモ[…]

まとめ

基本的にレギュラーモデルのシールドより割高なものばかりおすすめしていますが、その分音の変化は明らかに変わるものばかりです。

「シールドでこんなに音が変わるのか!」というのはもう実際に使ってみて体感してくださいという他ないです。

ぜひ一度手に取ってみてほしいです。

スポンサードサーチ