【比較】パッチケーブルを検証!一番良いパッチケーブルはどれだ!?【おすすめは?】

皆さまはどんなパッチケーブルを使用しているでしょうか。ただなんとなくで選んでいませんか?

結局、何を使えばいいのか分からない!と思いますので、実際に弾き比べて検証してみました。

スポンサードサーチ

検証方法

コンパクトエフェクター3つにパッチケーブルを2本繋げてそれぞれ弾いてみました。エフェクターへの電源供給はBOSSのアダプターで行い、ギターシールドは2本ともPete Cornishを使用しました。

アンプのセッティングはクランチサウンドで行い、エフェクターのスイッチはONにしませんでした。

検証に使用したパッチケーブル

①日の出光機製作所 ソルダーレスケーブル

日の出光機製作所のプラグにケーブルはベルデンの8218を採用したケーブルです。8218の外形は4mmなので、4mm対応のプラグを買えば作成できます。メーカーHPから、プラグは1つ682円、ケーブルは270円ほどです。約1本1500円といったところでしょうか。オヤイデ電気店舗オリジナル商品です。

②Analysis plus Silver Oval Thin Kit ソルダーレスケーブル

アナリシスプラスのソルダーレスケーブルです。12プラグとケーブル1.2mで定価18150円(メーカーHPより)です。1本あたり約3000円ですね。かなり割高です。ケーブルも別売1m7000円(メーカーHPより)ほどするので作成の際は無駄遣いできないですね。

③PROVIDENCE P203

ド定番ですね。比較的よく見るパッチケーブルかと思います。やや太いですが、柔軟性に優れています。

④MONSTER CABLE パッチケーブル

シールドの定番メーカーですね。パッチに使ってる人は少ないですが。

⑤Free The Tone ソルダーレスケーブル

ソルダーレスケーブルと言えばフリーザトーンというくらい定番になりました。SとLプラグで値段が若干違うのでご注意を。今回はニッケルプラグを採用。

スポンサードサーチ

検証結果

肝心の結果ですが・・・・・

そこまで大きな変化は感じられませんでした!

ここまでやっておいてなんじゃそりゃ!って結果ですが、ブラインドテストで当てられるか?と言われると自信がないくらいそこまで変わらないんですよね。

2本だけでなく、もっと直列で沢山繋げば結果は多少変わるかもしれませんが・・・・。

強いて言えば①の日の出光製作所と③のプロビデンスは音圧・パワー感が感じられました。②のAnalysis Plusは①と③に比べて音圧はやや控えめですが、解像度がよかったです。④は音の重心がローよりに、⑤はフラットな音で一番普通に感じられました。

結論

ギター・ベースシールド、電源ケーブル、スピーカーケーブルに比べると一番変化量が少ないですね。優先度は低いように感じられました。

後日談になりますが、別途CAJのパッチケーブルも使って実験してみました。プロビデンスP203と弾き比べましたが、こちらは音痩せしました。何でも良いってわけでもなさそうですね。

今回検証したパッチケーブルはどれを選んでもまあ使えるかなと思います。

楽器屋によく見かけるプロビデンスP203を使っておけばまず間違いないでしょう。

ソルダーレスケーブルが良いのであればフリーザトーンですね。定番で安心ですし、作りやすいです。プラグ・ケーブル共に別売で売っているので買い足しやすいですしね。

スポンサードサーチ