【古き良きオーバードライブ】KarDiaN C3H5N3O9(ニトログリセリン)White&Goldレビュー

KarDiaN(カージアン) C3H5N3O9(ニトログリセリン)White&Goldをレビューします。

日本のハンドメイドエフェクターブランドのオーバードライブペダルです。 こちらは限定モデルになります。

スポンサードサーチ

特徴

KarDiaN(カージアン)C3H5N3O9(ニトログリセリン)White&Goldです。

C3H5N3O9(ニトログリセリン)の15台限定の限定モデルになります。

各種パーツがゴールドで仕上げられてます。中身全く同じようですね。

KarDiaN(カージアン)は滋賀を拠点とし、エンジニアの経験も持つエフェクタービルダー北田氏によるオリジナルエフェクターブランドです。

C3H5N3O9(ニトログリセリン)はこのメーカーの人気機種です。

このエフェクターブランドはハンドメイドですので、高品質ですがお値段もそれなりの価格になります。手間がかかるのでしょうがないですね。

ドライなディストーションサウンドC9H13NO3(アドレナリン)の記事はこちらから!

関連記事

KarDiaN(カージアン) C9H13NO3(アドレナリン)をレビューします。日本のハンドメイドエフェクターブランドのディストーションペダルです。特徴KarDiaN(カージアン) C9H13NO3(アドレナリン)です。 KarD[…]

TS系のC10H12N2O(セロトニン)の記事はこちらから!

関連記事

KarDiaN(カージアン) C10H12N2O(セロトニン)をレビューします。日本のハンドメイドエフェクターブランドのTS系オーバードライブペダルです。特徴KarDiaN(カージアン) C10H12N2O(セロトニン)です。 K[…]

下記の4カ条を掲げ、2017年からエフェクターの生産を開始しています。

~KarDiaNの4箇条~

  • オールドが持つ普遍的なリアリティの追及
  • オリジナル回路設計によるオンリーワンの確立
  • 厳選した高級コンポーネンツによる妥協のないサウンド
  • 他社にはない独自のレリックデザイン

やはりこちらも名前は全て化学式で表記されています。こちらはC3H5N3O9(ニトログリセリン)ですね。 こちらは王道のオーバードライブペダルになります。

王道と言ってもどのように王道な感じなのか気になります。 ツマミはVOLUME、GAIN、BASS、TREBLEのオーソドックスなつまみ。 数字すらも金で書かれていますね。ゴージャスな仕上がりです。

エフェクターの音作りについて

モダン系というよりも、ちょっと枯れたいい意味で古臭い、王道ど真ん中なオーバードライブサウンドです。粘る感じではなく、さっぱりとしています。 今風のハッキリした音ではないですね。

60~70年代で活躍したロックバンドのような音です。イメージとしてはThe Whoのピート・タウンゼントの音です。レスポールでこれを使って弾けばかなり近い音まで持っていけそうです。Won’t Get Fooled Againを弾きたくなる笑

クランチ気味にしてブルースに使っても渋くて合うと思いますね。

ハードロックにはちょっと合わないかなと思いますね。分かりやすいハッキリした歪みペダルを採用したほうが良さそうです。

ほどほどに歪ませてバッキングギターかコードリフのフレーズで使いたいオーバードライブサウンドです。

VOLUMEのつまみは11時くらいでフラットです。音量はそこそこ持ち上がってくれます。12時だとクリーンよりやや前に出す感じなので丁度良いですね。MAXにするとなかなかの爆音笑

GAINのつまみは12時でフラットです。絞り切ってMINにしても音量が下がってくることはなく、若干歪みます。KarDiaNのペダルは全部こうなのでしょうか。どれもMINにしても歪む笑

9時くらいでクランチサウンドまで歪みだし、そこから緩やかに歪んでいってくれます。MAXにするとディストーション寸前くらいまでがっつり歪ませられますね。

オーバードライブとして使うのであれば申し分ない歪み量です。

BASSのつまみは12時でフラットです。こちらもMINにしても完全にローカットされるわけでもなく、使える範囲でローが残ってくれます。そこから緩やかにローが足されていき、15時を過ぎたころから一気にローが足されます。9時~15時であればどこにしても使える音になりますね。

TREBLEのつまみは12時でフラット。これもMINにしても完全にハイカットはされません。さらにはMAXにしてもキンキンな音にもなりません。使える範囲内で可変できるイメージです。使い勝手がいいですね。

2時くらいにするとほどほどに抜けの良いサウンドになります。ミドルもやや持ち上げてくれます。

スポンサードサーチ

総評

ちょっと枯れた60年代~70年代のロックに合う王道のオーバードライブサウンドです。

クランチサウンドでも使える音に仕上がるので守備範囲は広いです。ただ、ハードな音作りにはできないのでそういった音楽性には不向きですね。

UKロックが好きな方には割とドンピシャなところをついていると思います。

バッキングギターやコードリフで使いたいサウンドです。

サスティンがそこまで伸びるわけでもないので、ギターソロでの派手な音作りには不向きな感じがします。まあソロ時にはちょっとハードな歪みエフェクターを並べておけばいいですしね。

人気機種になるのも分かる使い勝手の良い歪みペダルだと思います。

スポンサードサーチ